古代の海洋民オホーツク人の世界 : アイヌ文化をさかのぼる

天野哲也 著

6世紀以降、特異な展開をみせた海洋民オホーツク人とは一体何か?考古資料、文献さらに鍛冶業などからオホーツク文化を極東世界の中に位置づける。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 オホーツク文化論(オホーツク文化とは何か
  • オホーツク文化の展開と地域差
  • 極東民族史におけるオホーツク文化の位置 ほか)
  • 第2部 擦文文化論(擦文文化成立における墳丘墓の意義
  • 墓制からみた擦文文化
  • 本州北端部は擦文文化圏にふくまれるか)
  • 第3部 オホーツク・擦文・アイヌ文化期の鍛冶と幕末道南地方の冶金業(古代北海道における冶金
  • オホーツク社会のメタル・インダストリーに関する基礎的考察
  • アイヌ社会における鍛冶の問題-千歳市ユカンボシC2遺跡を中心に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代の海洋民オホーツク人の世界 : アイヌ文化をさかのぼる
著作者等 天野 哲也
書名ヨミ コダイ ノ カイヨウミン オホーツクジン ノ セカイ : アイヌ ブンカ オ サカノボル
出版元 雄山閣
刊行年月 2008.11
ページ数 440p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02061-5
NCID BA87995532
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21599709
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想