今川氏と遠江・駿河の中世

大塚勲 著

遠江・駿河の中世後期の歴史は、今川氏をぬきにしては語れない。本書は、今川氏研究会・静岡県地域史研究会での活動を通じて論文を発表してきた著者の論考をまとめたもの。今川歴代や一族の基礎的伝記考証、および、遠江国初倉庄・駿河国益頭庄のこと、戦国大名今川氏の文書に現れる「百姓職」「名職」という文言、遠江・駿河の臨済宗寺院など、地元の研究者の視点から、具体的に考証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 今川氏研究(今川氏歴代の生没年・名称等覚書
  • 駿河守護今川氏の初期守護所
  • 室町期の今川氏一族
  • 今川義忠の討死と竜王丸の自立
  • 今川氏親の遠江・三河進出
  • 見付城主今川六郎氏延
  • 今川義元発給の天野文書
  • 今川義元の三河西条城接収)
  • 第2部 遠江・駿河の中世(遠江の井伊介と駿河の狩野介
  • 駿河益頭庄地頭摂津氏
  • 南禅寺領遠江初倉庄の耕地面積
  • 遠江原氏覚書
  • 今川領国の名田と名職
  • 駿河国篠間郷の岡埜谷文書
  • 臨済寺と妙心寺派の僧たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 今川氏と遠江・駿河の中世
著作者等 大塚 勲
書名ヨミ イマガワシ ト トオトウミ スルガ ノ チュウセイ
シリーズ名 岩田選書・地域の中世 5
出版元 岩田書院
刊行年月 2008.11
ページ数 205p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87294-535-5
NCID BA87960899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21553148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想