ナチスと映画 : ヒトラーとナチスはどう描かれてきたか

飯田道子 著

第二次世界大戦で数千万もの人々を死に追いやったヒトラーとナチス。彼らは新興メディアだった映画をプロパガンダの最大の武器として活用した。一方で戦後、世界の映画産業は、わかりやすい「悪」の象徴として、ヒトラーとナチスを描き続ける。だが、時代とともに彼らの「評価」は変わっていく。本書は、第1部でナチ時代の映画を、第2部で戦後映画での彼らのイメージの変遷を描き、「悪」の変容と、歴史と「記憶」の関係を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 新しいメディア・映画の登場
  • 第1部 ナチスの時代(ヒトラーとゲッベルス
  • 映画統制-検閲と「評価付け」
  • プロパガンダと映画)
  • 第2部 ヒトラーとナチスの戦後(同時代人が描いたヒトラー像
  • 「悪の定番」としてのナチス-一九五〇〜六〇年代
  • 「美しく魅力的」な表象へ-一九七〇年代
  • ホロコースト映画の変遷-一九八〇〜九〇年代
  • 新しいナチス像-二〇世紀末
  • 「身近な存在」になった独裁者-二一世紀)
  • 創られる「記憶」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナチスと映画 : ヒトラーとナチスはどう描かれてきたか
著作者等 飯田 道子
書名ヨミ ナチス ト エイガ : ヒトラー ト ナチス ワ ドウ エガカレテキタカ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.11
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101975-2
NCID BA87958285
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21539393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想