心の脳科学 : 「わたし」は脳から生まれる

坂井克之 著

ふと何かを思いつき、考えた末に決断する。結果、喜んだり後悔したり…。これらはすべて、脳の働きのおかげである。そうだとすると、脳活動を読み解くことができれば、その脳の持ち主の思考や感情を読み取れるのでは?そして、思考や感情の主体である「わたし」とは何かについても明らかにできるかもしれない。本書は、脳画像研究の方法から最新の成果までを紹介。脳科学によって、未来はどう変わりうるのだろうか。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 外の世界、内の世界(未来の脳社会
  • 脳の中の世界地図
  • 脳のアナリスト
  • 見ることと、見えること)
  • 第2章 「わたし」と「あなた」(時間を越えて存在する「わたし」
  • 知性を制御する仕組み
  • 社会的な脳)
  • 第3章 物質としての脳と心(遺伝子によって左右される脳
  • 脳はここまで変わる
  • 二一世紀の読心術)
  • 終章 物質現象の結果として「わたし」が生まれる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 心の脳科学 : 「わたし」は脳から生まれる
著作者等 坂井 克之
書名ヨミ ココロ ノ ノウ カガク : ワタシ ワ ノウ カラ ウマレル
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論新社
刊行年月 2008.11
ページ数 282p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-101972-1
NCID BA87955083
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21539396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想