経済学の理論と発展

根岸隆 著

[目次]

  • 第1部 古典派経済学-揺籃期の経済学(アダム・スミスの分業と構造的変化
  • アダム・スミスと不均衡経済理論
  • ミルはソーントンに如何に答えるべきであったか
  • 国際貿易理論史上の二問題)
  • 第2部 限界革命-現代経済学の先駆(チューネンはなにを最大化したのか?
  • クールノー入門
  • マーシャルは生産者余剰を忘れたのか?
  • マーシャルの部分均衡論と生産者余剰)
  • 第3部 日本の経済学-輸入から輸出へ(二十世紀の日本における一般均衡理論
  • 一橋におけるマーシャル研究
  • 柴田敬と勢力対市場の問題、ひとつの補遺的覚書
  • 森嶋通夫教授と投資関数)
  • 第4部 自分史-偉人たちとの対話(均衡の安定性:四十余年後の回顧
  • 初期根岸定理の気がつかなかった先行者たち)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済学の理論と発展
著作者等 根岸 隆
書名ヨミ ケイザイガク ノ リロン ト ハッテン
書名別名 Keizaigaku no riron to hatten
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2008.11
ページ数 296p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-05262-2
NCID BA87949353
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21521342
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想