偽りの民主主義 : GHQ・映画・歌舞伎の戦後秘史

浜野保樹 著

時代劇や歌舞伎の興行禁止、検閲、米映画の押しつけ-GHQの文化介入は、今なお日本エンターテインメント界に暗い影を落としている。抑圧とそこから伸し上がった日本の映画人、歌舞伎界の栄光と挫折の全記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日本映画の最大の敵役
  • 「戦争をやる価値がある」
  • 『七人の侍』の原風景
  • 歌舞伎一斉に消ゆ
  • 歌舞伎の救世主
  • 『羅生門』と黒澤明
  • グランプリとストラミジョーリ
  • 日本映画が輸出産業のホープ
  • 日本映画敗れたり
  • アメリカ映画は娯楽の王様
  • 逃亡製作の急増
  • 『蝶々夫人』はもう沢山
  • 俺は映画の殉教者
  • アズマ・カブキの海外公演
  • ガルボのラブレター

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 偽りの民主主義 : GHQ・映画・歌舞伎の戦後秘史
著作者等 浜野 保樹
書名ヨミ イツワリ ノ ミンシュ シュギ : GHQ エイガ カブキ ノ センゴ ヒシ
書名別名 Itsuwari no minshu shugi
出版元 角川書店 : 角川グループパブリッシング
刊行年月 2008.10
ページ数 511p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-04-883993-8
NCID BA87941136
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21510864
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想