新名曲が語る音楽史 : アナリーゼで解き明かす : グレゴリオ聖歌からポピュラー音楽まで

田村和紀夫 著

[目次]

  • 第1部 中世とルネサンス(祈りの音楽的形姿-グレゴリオ聖歌の特質と魅力
  • 西洋音楽の始動-中世世界の投影:初期多声音楽
  • カデンツの成立-デュファイが築いた西洋音楽の基礎)
  • 第2部 バロック(感情表現としての音楽-通奏低音の発生
  • 音楽の「目覚め」-バロックにおける拍子の発見
  • 「海」としてのバッハ-その時代性と超時代性)
  • 第3部 古典派(シンフォニーとソナタの誕生-近代社会と音楽の諸相
  • 古典派の形式原理-"フィガロ"が解き明かす「ソナタ形式」
  • ミューズの贈り物-モーツァルト的なものを求めて
  • 器楽の最終解答-ベートーヴェンの最後のピアノ・ソナタ)
  • 第4部 ロマン派("魔王"が開示した世界-ロマン派の表現領域
  • ロマン派の俯瞰図-ピアノ音楽で辿る19世紀
  • 示導動機と感情表現-"トリスタン"の深層心理
  • 「子守歌」としての芸術-ブラームスのロマンティシズム)
  • 第5部 現代(新しい響きを求めて-調性を超える道
  • 「現代音楽」としてのポピュラー音楽)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新名曲が語る音楽史 : アナリーゼで解き明かす : グレゴリオ聖歌からポピュラー音楽まで
著作者等 田村 和紀夫
書名ヨミ シン メイキョク ガ カタル オンガクシ : アナリーゼ デ トキアカス : グレゴリオ セイカ カラ ポピュラー オンガク マデ
書名別名 名曲が語る音楽史

Shin meikyoku ga kataru ongakushi
出版元 音楽之友社
刊行年月 2008.11
ページ数 210p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-276-11015-1
NCID BA87937605
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21575959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想