世界を制した「日本的技術発想」 : 日本人が知らない日本の強み

志村幸雄 著

日本が「ものづくり大国」となったのは、決して「手先が器用で勤勉だから」だけではない。独自の「技術」を生んだのは、どの国にも真似できない独自の「発想」であり、それを培った「文化」だった。「ものまね大国」と批判するだけでは見えてこない、オリジナリティあふれる発想がなぜ生まれ、どう技術に生かされているのかを検証し、これからの日本が進むべき針路を見出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本的技術発想の突破力-携帯電話の事例研究
  • 第2章 「発明」と「商品化」のあいだ
  • 第3章 ものづくりに宿る「軽薄短小」技術
  • 第4章 からくりをロボットに変える「合わせ技」
  • 第5章 模倣を超える「工夫力」と「考察力」
  • 第6章 軍需に頼らない「民需王国」
  • 第7章 一億人の「わがままな消費者」
  • 第8章 基本機能になった「環境」「安全」
  • 第9章 技術文化国家への道

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界を制した「日本的技術発想」 : 日本人が知らない日本の強み
著作者等 志村 幸雄
書名ヨミ セカイ オ セイシタ ニホンテキ ギジュツ ハッソウ : ニホンジン ガ シラナイ ニホン ノ ツヨミ
書名別名 Sekai o seishita nihonteki gijutsu hasso
シリーズ名 ブルーバックス B-1622
出版元 講談社
刊行年月 2008.11
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257622-2
NCID BA87930661
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21521126
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想