地元学をはじめよう

吉本哲郎 著

いきいきした地域をつくるために何が必要なのだろう?地域のもつ人と自然の力、文化や産業の力に気づき、引き出していくことだ。それを実行するための手法・地元学は、いま全国各地で取り組まれ、若い人たちも活発に動いている。調べ方から活かし方まで、自ら行動して地域のことを深く知るのに役立つ1冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 地元学って何だろう(水俣地元学のはじまり
  • 実践を通じて進化してきた ほか)
  • 2章 地元学のすすめ方-調べる・考える・まとめる・つくる・役立てる(土の地元学と風の地元学
  • 調べる心がけとまなざし ほか)
  • 3章 地元学ことはじめ-水俣での取り組み(世界に類例のない産業公害の発生
  • 原因不明の病気 ほか)
  • 4章 広がる地元学(川南町の地元学
  • ベトナム・ナムソン村の地元学 ほか)
  • 5章 地元学で育つ若者たち(天野浩くん
  • 松本和也くん ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地元学をはじめよう
著作者等 吉本 哲郎
書名ヨミ ジモトガク オ ハジメヨウ
シリーズ名 岩波ジュニア新書 609
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-500609-0
NCID BA87929844
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21541388
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想