離散数学「数え上げ理論」 : 「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで

野崎昭弘 著

すべての情報を「0と1」の組合せで表すコンピュータの普及で、重要性が見直されている離散数学。離散数学の中核にあるのが「数え上げ理論」である。予備知識のいらないやさしい問題で分割数、フィボナッチ数、カタラン数に触れたあとには、数え上げ理論の三種の神器である包除原理、差分方程式、母関数の理論を紹介。その奥深い魅力が、充分に味わえる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 数え上げ問題-分割数、フィボナッチ数、カタラン数(並べ方を数える
  • 選び方を数える
  • 道順を数える
  • 分割の仕方を数える
  • 増えてゆくものを数える)
  • 第2部 数え上げ理論の三種の神器-包除原理、差分方程式、母関数の理論(プレゼント交換と包除原理
  • 賭博と差分方程式
  • 自然数の和と母関数
  • Nクイーン問題と群論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 離散数学「数え上げ理論」 : 「おみやげの配り方」から「Nクイーン問題」まで
著作者等 野崎 昭弘
書名ヨミ リサン スウガク カゾエアゲ リロン : オミヤゲ ノ クバリカタ カラ N クイーン モンダイ マデ
シリーズ名 ブルーバックス B-1619
出版元 講談社
刊行年月 2008.11
ページ数 284p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257619-2
NCID BA87926165
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21519717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想