外交官の「うな重方式」英語勉強法

多賀敏行 著

英語修業を続けること四十年のベテラン外交官がこっそり明かす、とっておきの英語上達法「うな重方式」とは?これで会話も、文法も、国際貢献も、タフな交渉も、万全だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 英語をどう学ぶのか(意味のないことは覚えられない(英単語暗記は「うな重方式」で)
  • 「金粉浮遊説」の誤り
  • 外国人の名前
  • アスリート(カタカナ言葉のアクセント) ほか)
  • 2 英文法が好きになる楽しい話(冠詞が分かれば英語は分かる
  • 寺島しのぶ「エブリタイム、キスよ」(every timeとalways)
  • 「よろしかったでしょうか」(過去形にしたい。丁寧に言いたい、傷つきたくないから)
  • 山崎貞著『新々英文解釈研究』と関係形容詞 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 外交官の「うな重方式」英語勉強法
著作者等 多賀 敏行
書名ヨミ ガイコウカン ノ ウナジュウ ホウシキ エイゴ ベンキョウホウ
シリーズ名 文春新書
出版元 文藝春秋
刊行年月 2008.11
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660668-9
NCID BA87905507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21515175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想