軍師直江兼続

坂口安吾 ほか著

関ヶ原合戦の鍵を握った、戦国最大最強の軍師参謀直江山城寺。盟友石田三成との東西に分かれての挟撃作戦の実態はどういうものだったのか、家康との腹の探り合いは?作家、研究者が縦横に描くアンソロジー。絶妙の胆力機略と構想力で最大の危機を乗り切り、米沢藩の再興経営に尽くしたナンバー2男子の本懐のすべて。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 軍師直江兼続
著作者等 坂口 安吾
書名ヨミ グンシ ナオエ カネツグ
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 2008.11
ページ数 227p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-309-40933-7
NCID BA87902713
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21510254
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想