「人のつながり」の中世

村井章介 編

[目次]

  • 1部 集団をつくるもの(中世前期朝廷社会における身分秩序の形成-外記局における中世的体制の成立を通して
  • 領主の一揆と被官・下人・百姓
  • 中世僧侶集団の内部規範-身分制と平等性原理のはざまで
  • 中世における山門集会の特質とその変遷)
  • 2部 越境する人脈(院政期の挙状と権門裁判-権門の口入と文書の流れ
  • 土倉の人脈と金融ネットワーク
  • 松浦党の壱岐島「分治」と境界人ネットワーク
  • 動乱と自治-日中歴史イメージの交錯)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「人のつながり」の中世
著作者等 村井 章介
書名ヨミ ヒト ノ ツナガリ ノ チュウセイ
シリーズ名 史学会シンポジウム叢書
出版元 山川出版社
刊行年月 2008.10
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-52356-2
NCID BA87899357
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21514123
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想