近代日中関係史断章

小島晋治 著

1972年の日中国交正常化以降両国間の交流は大きく進展したが、相互理解と友好的感情は深まっていない。本書は幕末から日中戦争までのいくつかのエピソードを取り上げ、日中両国がアヘン戦争の衝撃をどう受け止めたか、その後の日本と中国の歴史はどのようにからみあい、両国国民はお互いをどう認識したかをさぐる比較近代思想史の試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 日本人の中国観の変化-幕末、維新期を中心に
  • 2 太平天国と日本-「明治百年」によせて
  • 3 中国人の明治維新観
  • 4 曾根俊虎と岡千仞の杭州・淅江紀行-交流と論争
  • 5 明治日本人の中国紀行
  • 6 民権派の朝鮮・中国観-茨城県の場合
  • 7 「満州」事変(九・一八事変)をめぐる問題
  • 8 台湾籍元日本軍兵士・軍属のこと
  • 9 近代日中関係史の遺産を二十一世紀にどう生かすか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日中関係史断章
著作者等 小島 晋治
書名ヨミ キンダイ ニッチュウ カンケイシ ダンショウ
書名別名 Kindai nicchu kankeishi dansho
シリーズ名 岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 244p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600206-0
NCID BA87891297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想