鴎外森林太郎と脚気紛争

山下政三 著

森林太郎は軍医としてどういう業績をあげたのか。日清・日露戦争の陸軍の脚気大惨害に軍医部長の森林太郎は責任があったか否か。軍医監・森林太郎はなぜ小倉に左遷されたのか。軍医総監・医務局長になった森林太郎は陸軍衛生部のトップとして何をしたか。軍医・森林太郎の功罪を問う脚気研究の第一人者による決定版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 脚気とはどういう病気だったのか
  • 明治時代の脚気の大流行
  • 明治時代の脚気の原因説-脚気をどういう病気と考えていたのか
  • 海軍の脚気対策と高木兼寛
  • 陸軍の脚気対策と石黒忠悳
  • 森林太郎の登場-ドイツ留学と兵食問題へのかかわり
  • 森林太郎の陸軍兵食試験-脚気紛争へのかかわり
  • 日清戦争時の森林太郎
  • 日清戦争における陸軍の脚気惨害
  • 森林太郎の小倉左遷の背景-台湾征討軍への麦飯給与をめぐる土岐頼徳と石黒忠悳との大喧嘩〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鴎外森林太郎と脚気紛争
著作者等 山下 政三
書名ヨミ オウガイ モリ リンタロウ ト カッケ フンソウ
書名別名 Ogai mori rintaro to kakke funso
出版元 日本評論社
刊行年月 2008.11
ページ数 472p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-535-98302-1
NCID BA87891286
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21499580
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想