島崎藤村『破戒』を歩く  上 (『破戒』を歩く)

成澤榮壽 著

本書は、島崎藤村の最初の長編小説『破戒』の舞台になった地域を歩き、旅の人である藤村の足跡を『破戒』刊行当時までを中心に辿ったものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 島崎藤村との出会い、『破戒』との付き合い
  • 第1部 『破戒』を歩く(小説の主要な舞台飯山
  • 藤村に『破戒』執筆の契機を与えた鮫島晋
  • 藤村に『破戒』執筆を決意させた「お頭」弥右衛門
  • 瀬川丑松・猪子蓮太郎造形のヒントになった大江磯吉
  • 飯山学校の教員像
  • 『破戒』のモデル真宗寺と高野辰之
  • 丸山晩霞との飯山行
  • 風間敬之進とその家族-「隠れ家」笹屋のこと
  • 天長節-丑松追放の策謀開始
  • 未解放部落の子どもと学校 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 島崎藤村『破戒』を歩く
著作者等 成沢 栄寿
成澤 榮壽
書名ヨミ シマザキ トウソン ハカイ オ アルク
書名別名 『破戒』を歩く
シリーズ名 破戒
巻冊次 上 (『破戒』を歩く)
出版元 部落問題研究所
刊行年月 2008.3
版表示 初版
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8298-2069-8
NCID BA87852218
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21444116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想