中世における女性の視覚化 : 視ること、スペクタクル、そして視覚の構造

マデリン・H.キャヴィネス 著 ; 田中久美子 訳

理論的パースペクティヴと歴史的パースペクティヴを交差させ、フロイト理論を家父長的支配構造として乗り超え、ラカンの"鏡像段階"理論で肉体の断片化を、クリステヴァの"アブジェクト"理論で肉体の非肉体化を、表象に女性の主体的行為性をとりもどすべく、フェミニズム的視座から中世美術を読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プレリュード マリアについての問題-遊離する母性
  • 序章 「男性の眼差し」と視覚の構造
  • 第1章 良い娘は見ない-ロトの妻と娘たち
  • 第2章 サド‐エロティックなスペクタクル、乳房羨望、そして殉教者たちの肉体
  • 第3章 壊れた鏡-断片、聖遺物、奇形

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世における女性の視覚化 : 視ること、スペクタクル、そして視覚の構造
著作者等 Caviness, Madeline Harrison
田中 久美子
Caviness Madeline H.
キャヴィネス マデリン・H.
書名ヨミ チュウセイ ニ オケル ジョセイ ノ シカクカ : ミル コト スペクタクル ソシテ シカク ノ コウゾウ
書名別名 Visualizing women in the middle ages
出版元 ありな書房
刊行年月 2008.11
ページ数 358p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7566-0803-1
NCID BA87851496
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21594736
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想