中世能楽論における「道」の概念 : 能役者が歩むべき「道」

ノエル・ジョン・ピニングトン 述

この本の情報

書名 中世能楽論における「道」の概念 : 能役者が歩むべき「道」
著作者等 Pinnington, Noel John
国際日本文化研究センター
書名ヨミ チュウセイ ノウガクロン ニ オケル ミチ ノ ガイネン : ノウヤクシャ ガ アユムベキ ミチ
書名別名 The idea of "the path" in medieval discussions of Noh

Chusei nogakuron ni okeru michi no gainen
シリーズ名 日文研フォーラム / 国際日本文化研究センター 編 第179回
出版元 国際日本文化研究センター
刊行年月 2005.9
ページ数 28p
大きさ 21cm
NCID BA87821393
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21016529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想