原の辻遺跡

宮崎貴夫 著

原の辻遺跡は九州北西海上の壱岐島にある弥生時代の大規模な多重環濠集落跡。東アジア最古とされる船着き場跡の発見により注目を集め、その後の調査でも大陸・朝鮮半島との交易・交流を物語る多様な遺物が出土し、『魏志倭人伝』に記載されている「一支国」(いきこく)の王都と確認された。2000年には国の特別史跡となり、現在は復元・整備が進められている。「地域の個性をあらわすシンボル」「未来を見通す望遠鏡」である遺跡の過去・現在・未来を、最新の発掘データをふまえ、1冊に凝縮する。遺跡の総合ガイドブック。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 船着き場跡の発見
  • 2 壱岐の自然的・歴史的環境
  • 3 原の辻遺跡調査研究の歩み
  • 4 集落の変遷と歴史的契機について
  • 5 発掘調査の成果と評価
  • 6 原の辻遺跡の保存と復元整備

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原の辻遺跡
著作者等 宮崎 貴夫
書名ヨミ ハルノツジ イセキ
書名別名 Harunotsuji iseki
シリーズ名 日本の遺跡 / 菊池徹夫, 坂井秀弥 企画・監修 32
出版元 同成社
刊行年月 2008.11
ページ数 161p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88621-462-1
NCID BA87819052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21513488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想