対人恐怖とPTSDへの認知行動療法 : ワークショップで身につける治療技法

デイビッド・M.クラーク, アンケ・エーラーズ 著 ; 丹野義彦 編集・監訳

日本の認知行動療法に大きなインパクト!クラークが開発した社会不安障害(対人恐怖)への認知行動療法。エーラーズが開発したPTSDへの認知行動療法。彼らが日本で行った貴重な講演とワークショップから、その理論と治療技法を学んでみましょう。今や、認知行動療法は世界の心理療法の主流。世界からの追い風を受けて躍進する、エビデンスのある心理療法を身につけるチャンスです。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 (理論編)社会不安障害(対人恐怖)への認知行動療法
  • 第2章 (実践編)社会不安障害(対人恐怖)への認知行動療法
  • 第3章 (解説)クラークはどのような研究と臨床実践をしてきたか
  • 第4章 (理論編)外傷後ストレス障害(PTSD)への認知行動療法
  • 第5章 (実践編)外傷後ストレス障害(PTSD)への認知行動療法
  • 第6章 (解説)エーラーズの理論と実践

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対人恐怖とPTSDへの認知行動療法 : ワークショップで身につける治療技法
著作者等 Clark, David Millar
Ehlers, Anke
Ehlers, Anke, Ph. D.
丹野 義彦
Clark David M.
エーラーズ アンケ
クラーク デイビッド・M.
書名ヨミ タイジン キョウフ ト PTSD エノ ニンチ コウドウ リョウホウ : ワークショップ デ ミニツケル チリョウ ギホウ
書名別名 Workshop of cognitive behavior therapy for social phobia and PTSD
出版元 星和書店
刊行年月 2008.10
ページ数 197p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7911-0683-7
NCID BA87810127
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21501007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想