日本の民俗  1 (海と里)

安室知, 小島孝夫, 野地恒有 著

海や里、そして山を舞台に人々はいかにして生活の糧を得ていたのだろうか。海・里・山の生業が重なり、営まれる様子を描き出す。生活や生業の技術をもとに、村の複合的なあり方を捉えなおし、多様な姿を提示する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 海付の村に生きる-百姓漁師という生き方(海付の村の生活空間
  • 百姓漁師の民俗知識
  • 百姓漁師の生業と技
  • 百姓漁師という生き方)
  • 2 離島のくらしと変容(離島という視点
  • 離島のなりわい
  • 離島の家と社会
  • 離島生活の変容)
  • 3 海の行動学(海で働くということ-漁場の行動学1
  • 漁場の中のワタクシ-漁場の行動学2
  • 移住漁民の交流史-漁場移住の行動学1
  • <移動-定住-移動>のダイナミズム-漁業移住の行動学2)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の民俗
著作者等 安室 知
小島 孝夫
野地 恒有
書名ヨミ ニホン ノ ミンゾク
書名別名 海と里
巻冊次 1 (海と里)
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.11
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-07868-9
NCID BA87803799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21514226
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想