保全生物学のすすめ : 生物多様性保全のための学際的アプローチ

リチャード B.プリマック, 小堀洋美 共著

[目次]

  • 第1章 保全生物学と生物多様性(保全生物学の学際的アプローチ-ウミガメの事例
  • なぜ保全生物学は必要なのか ほか)
  • 第2章 生物多様性の危機(絶滅速度
  • 人為的原因による現在の大量絶滅 ほか)
  • 第3章 個体群と種のレベルでの保全(小さな個体群の重要な概念
  • 小さな個体群が直面する問題 ほか)
  • 第4章 生物群集レベルでの保全(保護地域
  • 保護地域をネットワーク化するためのデザイン ほか)
  • 第5章 保全と持続可能な発展(国内の取り組み
  • 伝統的社会、生物多様性、持続可能な発展 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 保全生物学のすすめ : 生物多様性保全のための学際的アプローチ
著作者等 Primack, Richard B
小堀 洋美
プリマック リチャード・B.
書名ヨミ ホゼン セイブツガク ノ ススメ : セイブツ タヨウセイ ホゼン ノ タメ ノ ガクサイテキ アプローチ
書名別名 A primer of conservation biology. (3rd ed.)
出版元 文一総合
刊行年月 2008.11
版表示 改訂版.
ページ数 396p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-8299-0133-5
NCID BA8777883X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21490831
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想