近代日本の知識人と中国哲学 : 日本の近代化における中国哲学の影響

徐水生 著 ; 阿川修三, 佐藤一樹 訳

日本の近代化における中国哲学の影響を明治、大正、昭和の代表的知識人の思想を通じて考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本近代文化の息吹
  • 第1章 「近代哲学の父」の歴史的選択-西周と中国哲学
  • 第2章 近代唯物論の新たな解釈-中江兆民と中国哲学
  • 第3章 東西哲学融合の独創-西田幾多郎と中国哲学
  • 第4章 諸文化領域における中国哲学の浸透
  • 結語 文化の近代化の源泉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近代日本の知識人と中国哲学 : 日本の近代化における中国哲学の影響
著作者等 佐藤 一樹
徐 水生
阿川 修三
書名ヨミ キンダイ ニホン ノ チシキジン ト チュウゴク テツガク : ニホン ノ キンダイカ ニ オケル チュウゴク テツガク ノ エイキョウ
書名別名 Kindai nihon no chishikijin to chugoku tetsugaku
出版元 東方書店
刊行年月 2008.10
ページ数 181p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-497-20803-3
NCID BA87763402
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21520513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 中国語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想