文明開化の数学と物理

蟹江幸博, 並木雅俊 著

明治10年、「日本数学西洋数学を問わず、諸流互いに気脈を通ぜん」と集まった人々がいた。東京数学会社-現在の日本数学会と日本物理学会の前身-の創立集会である。しかし世界レベルの研究への道のりはまだ遠い。湯川・朝永・小平らを輩出した日本の数学・物理はいかにして根づき、花開いたのか?西洋生まれの学問の普及・教育・研究に苦闘した先駆者の物語。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 東京数学物理学会
  • 第1章 菊池大麓、西洋数学に体当たり
  • 第2章 内田五観、和算家の夢の挫折
  • 第3章 藤沢と高木、日本の数学を作る
  • 第4章 物理学の変容
  • 第5章 物理学の啓蒙
  • 第6章 山川健次郎と物理開化
  • 第7章 長岡半太郎による飛躍

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 文明開化の数学と物理
著作者等 並木 雅俊
蟹江 幸博
書名ヨミ ブンメイ カイカ ノ スウガク ト ブツリ
書名別名 Bunmei kaika no sugaku to butsuri
シリーズ名 岩波科学ライブラリー 150
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.11
ページ数 120p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-007490-2
NCID BA87747814
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21541616
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想