サバイバル! : 人はズルなしで生きられるのか

服部文祥 著

日本海から上高地へ。200kmの山塊を、たった独りで縦断する。持参する食糧は米と調味料だけ。岩魚を釣り、山菜を採り、蛇やカエルを喰らう。焚き火で調理し、月の下で眠り、死を隣りに感じながら、山や溪谷を越えてゆく-。生きることを命がけで考えるクライマーは、極限で何を思うのか?その洞察に、読者は現代が失った直接性を発見するだろう。"私"の、"私"による、"私"のための悦びを取り戻す、回復の書。驚異の山岳ノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 登山からサバイバルへ(墜落
  • フェアの精神)
  • 第2章 サバイバル実践-日本海から上高地へ(北アルプス単独縦断へ
  • 衣食足りてロハスを知る!? ほか)
  • 第3章 サバイバルの方法論(装備-そぎ落としてなお残るもの
  • 食料-何を食べるかという戦略 ほか)
  • 第4章 サバイバル思想(記憶の片輪
  • リスクと自由 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サバイバル! : 人はズルなしで生きられるのか
著作者等 服部 文祥
書名ヨミ サバイバル : ヒト ワ ズル ナシ デ イキラレルノカ
シリーズ名 ちくま新書
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.11
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-480-06452-3
NCID BA87740815
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21527529
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想