ヨーロッパの家族史

姫岡とし子 著

情愛によって結ばれる血縁家族は、近代になってはじめて誕生した家族像である。家族の歴史は、その理解のされ方、現実の生活の両面において非常に多様であった。本書では、ドイツを中心に十八世紀から二十世紀初頭にいたる家族の歴史的変遷を追い、家族にかんする言説、概念規定、経済的・社会的基盤、家族内の人間関係をたどりながら、伝統家族と対比される近代家族の特徴と、その生きられた姿を階層ごとに描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近代史における家族革命
  • 1 歴史人口学と家族
  • 2 伝統家族から近代家族へ
  • 3 近代市民家族の特性
  • 4 ヴィクトリア期の家族
  • 5 労働者層の家族

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヨーロッパの家族史
著作者等 姫岡 とし子
書名ヨミ ヨーロッパ ノ カゾクシ
シリーズ名 世界史リブレット 117
出版元 山川出版社
刊行年月 2008.10
ページ数 90p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-634-34955-1
NCID BA87708936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21508463
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想