猿投古窯 : 日本陶磁の源流

大石訓義 著

30年間、一貫して奈良〜平安期の名窯・猿投古陶の研究に取り組み、かの陶工達が成し得なかった猿投青磁を、実験考古学的手法により実現させた「造り手」ならではの古代陶瓷論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 猿投古窯資料編(猿投古窯の変遷
  • 猿投窯を取り巻く諸事情
  • 技術からみた猿投古窯
  • 猿投私観)
  • 2 猿投古窯技術編
  • 3 猿投古窯陶芸編

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 猿投古窯 : 日本陶磁の源流
著作者等 大石 訓義
書名ヨミ サナゲ コヨウ : ニホン トウジ ノ ゲンリュウ
出版元 雄山閣
刊行年月 2008.10
ページ数 251p 図版16p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02058-5
NCID BA87635140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21591745
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想