化石の記憶 : 古生物学の歴史をさかのぼる

矢島道子 著

[目次]

  • 第1章 化石とはなにか
  • 第2章 化石をめぐる時間
  • 第3章 日本にやってきた化石研究者
  • 第4章 近代的化石観のなかで-19世紀
  • 第5章 自然の遊び・自然の冗談-18世紀
  • 第6章 時を超えた天才-16‐17世紀
  • 第7章 混沌と黎明-16世紀
  • 第8章 すべての始まり-中世と古代
  • 第9章 化石の自然史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化石の記憶 : 古生物学の歴史をさかのぼる
著作者等 矢島 道子
書名ヨミ カセキ ノ キオク : コセイブツガク ノ レキシ オ サカノボル
シリーズ名 Natural history
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2008.10
ページ数 219p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-060751-3
NCID BA8761731X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21555359
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想