神は細部に宿り給う : 上智大学西洋古代史の20年

豊田浩志 編

[目次]

  • 第1章 シュメールにおける聖婚儀礼再考
  • 第2章 弁論におけるレトリック解釈の可能性-Lys.30被告ニコマコスの場合
  • 第3章 メガロポリスの成立-ポリス再考序論
  • 第4章 ラ・グローフザンクの陶工文書-ラテン語とガリア語の接触について
  • 第5章 テプテュニスのグラフェイオン-属州エジプト農村部における文書行政の一断面
  • 第6章 港湾都市オスティアと食糧長官-ディオクレティアヌス帝治世の都市間競争
  • 第7章 パラティーノ丘「涜神の落書き」序説-トポグラフィー的知見を中心に
  • 第8章 ドナティスト問題におけるイニシアティヴ-カエキリアニズム運動
  • 第9章 4世紀の聖女アグネス崇敬と金箔ガラス
  • 第10章 ベーダの『散文形式の聖カスバート伝』-ノーサンブリアにおける聖カスバート崇敬普及に関する一考察
  • 第11章 移動する聖所-エマウスの歴史的変遷

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 神は細部に宿り給う : 上智大学西洋古代史の20年
著作者等 豊田 浩志
書名ヨミ カミ ワ サイブ ニ ヤドリタマウ : ジョウチ ダイガク セイヨウ コダイシ ノ 20ネン
出版元 南窓社
刊行年月 2008.10
ページ数 222p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8165-0370-2
NCID BA87609344
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21509548
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想