ヒトの心はどこから生まれるのか : 生物学からみる心の進化

長谷川眞理子 編著

人間の心はどのように進化したのか?不可思議な心というものの存在を、生物学から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 生物学からみる「心」のさまざま(心の探求
  • 動物の社会に見られる個体間の関係
  • こころをえがく遺伝子-ふたご研究のはなし)
  • 第2部 座談会 人間の「心」とは何か-生物学、脳科学、哲学からのアプローチ(「心」を知る-心というものをどう捉えるか
  • 心の出発点
  • 心は何でできているか
  • 現代社会における心のありかた)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ヒトの心はどこから生まれるのか : 生物学からみる心の進化
著作者等 長谷川 真理子
長谷川 眞理子
書名ヨミ ヒト ノ ココロ ワ ドコカラ ウマレルノカ : セイブツガク カラ ミル ココロ ノ シンカ
書名別名 Hito no kokoro wa dokokara umarerunoka
シリーズ名 地球学シリーズ 34
ウェッジ選書 34
出版元 ウェッジ
刊行年月 2008.10
ページ数 175p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-86310-034-3
NCID BA87591293
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21584760
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想