オスマン帝国500年の平和

林佳世子 著

バルカン、アナトリア、アラブ世界を席巻した大帝国は、多文化、多宗教を柔軟に包み込むメカニズムを生みだした。強力なスルタンのもとで、広大な地域を征服した成功のあとに続いた、大宰相を中心に官人たちが支配する長い時代。多民族の帝国が、民族の時代の到来により分裂するまでを描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アナトリア-一〇五〇〜一三五〇
  • 第2章 バルカン-一三五〇〜一四五〇
  • 第3章 戦うスルタンの旗のもとで-一四五〇〜一五二〇
  • 第4章 スレイマン一世の時代-一五二〇〜六〇
  • 第5章 オスマン官人たちの時代-一五六〇〜一六八〇
  • 第6章 近世オスマン社会を生きる
  • 第7章 繁栄のなかの不安-一六八〇〜一七七〇
  • 第8章 オスマン体制の終焉-一七七〇〜一八三〇

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オスマン帝国500年の平和
著作者等 林 佳世子
書名ヨミ オスマン テイコク 500ネン ノ ヘイワ
シリーズ名 興亡の世界史 : what is human history? / 青柳正規, 陣内秀信, 杉山正明, 福井憲彦 編 第10巻
出版元 講談社
刊行年月 2008.10
ページ数 392p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-06-280710-4
NCID BA87559596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21509162
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想