医療を崩壊させないために : 医療システムのゆくえ

日本学術協力財団 編

[目次]

  • 1 医療を崩壊させないために(巻頭言
  • 日本の医療提供体制の構造的問題
  • 病院医療の崩壊は防げるか
  • 大学病院における臨床・教育・研究の在り方
  • 臨床研修制度-光と影
  • 医師遍在問題の原因を考える
  • 医療の量と質を確保するには費用がかかる
  • 医療改革のために、今できることは専門医制度の確立である
  • 自己形成するアメリカ医療)
  • 2 シンポジウム 医療システムのゆくえ(開会あいさつ
  • 趣旨説明
  • 高度専門医療機関の立場から
  • 日本の経済社会と医療
  • 医療行政の立場から
  • 少子高齢化を支える地域医療の将来像
  • 利用者の立場から
  • 医学教育・医師養成の立場から
  • 総合討論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 医療を崩壊させないために : 医療システムのゆくえ
著作者等 日本学術協力財団
金沢 一郎
日本学術会議事務局
書名ヨミ イリョウ オ ホウカイサセナイ タメニ : イリョウ システム ノ ユクエ
書名別名 Iryo o hokaisasenai tameni
シリーズ名 学術会議叢書 15
出版元 日本学術協力財団
刊行年月 2008.9
ページ数 180p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-939091-24-7
NCID BA87324617
BA87558254
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21500154
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想