新公共事業必要論 : 港湾・空港の整備が日本を救う

森田実 著

世界大危機のなかで資源小国日本の生きる道を探る。大海洋時代を迎えたいま、日本の生き残る道は、立ち後れた港湾・空港の整備にある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 なぜ港湾・空港を重視するのか
  • 2 日本の三大主要港湾の現状と課題-日本の産業経済の国際競争力強化をめざして
  • 3 人類と港-港の原点としての島の港
  • 4 北方経済圏を支える北海道の港湾
  • 5 地方経済を支える個性ある港湾都市-釜石港・清水港・博多港
  • 6 中国の上海港・洋山深水港、韓国の釜山港に見るアジア大港湾時代
  • 7 世界のなかにおける日本の空港
  • 8 国民のための公共事業は必要である

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新公共事業必要論 : 港湾・空港の整備が日本を救う
著作者等 森田 実
書名ヨミ シン コウキョウ ジギョウ ヒツヨウロン : コウワン クウコウ ノ セイビ ガ ニホン オ スクウ
書名別名 Shin kokyo jigyo hitsuyoron
出版元 日本評論社
刊行年月 2008.10
版表示 第1版
ページ数 261p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-535-58454-9
NCID BA87548727
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21506345
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想