材料強度学

田中啓介 著

機械や構造物が長く安全に機能することは永遠のテーマである。本書は、破損・破壊現象の追求、それらの防止設計を行うための材料強度学の教科書である。豊富な図表やコラムにより、現象や理論を深く理解し、本分野の歴史や意義をおさえることができる。基礎知識となる転位論、線形破壊力学をていねいに解説し、ひいては非線形破壊力学まで言及する。演習問題と解説つき。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 構造物の破損
  • 材料の強度
  • 結晶固体の塑性変形
  • 材料の強化機構
  • き裂進展におけるエネルギ平衡
  • き裂の弾性応力場と応力拡大係数
  • き裂先端の塑性変形
  • 破壊じん性
  • ぜい性破壊と延性破壊
  • 疲労強度
  • 環境強度
  • 高温強度
  • 破壊制御設計
  • 非線形破壊力学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 材料強度学
著作者等 田中 啓介
書名ヨミ ザイリョウ キョウドガク
書名別名 Zairyo kyodogaku
シリーズ名 機械工学基礎コース / 「機械工学基礎コース」編集委員会 編
出版元 丸善
刊行年月 2008.10
ページ数 252p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-621-08017-7
NCID BA87535088
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21513522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想