ベトナムの皇帝陶磁 : 陳朝の五彩と青花

関千里 著

本稿で初公開となる五彩や青花は、陳朝後期の皇帝窯とも言える皇帝直轄の窯で焼造された官窯製品と推察できる格調高き遺品である。しかも、過去にその例を全く見ていないことからも、皇帝一族の超特別な独占物であり秘陶であったと想像される。したがって、本書ではこれらを正しく皇帝の陶磁器とみなし、ベトナム陶磁史から抜け落ちていた知られざる栄光の一章を明らかにするとともに、ベトナム国家の主体性と伝統美の神髄を浮き彫りにしつつ、定説となっている往来の編年を遙かに超えた新見解に基づき、歴史を踏まえた新たな陶磁史を再構築している。そして、現世に忽然と甦ったベトナムの至宝をここに『ベトナムの皇帝陶磁』と命名し出版する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 安南の由来
  • 東南アジアの古美術
  • 咲き誇る紅色の大輪
  • 無謀とも思える挑戦
  • 海底から引き揚げられた交易陶磁器
  • 花街城の太上皇
  • 孔雀と牡丹
  • 先駆けの様相が見られるベトナム五彩
  • 宋赤絵と元五彩
  • 未知なるベトナム五彩
  • 陳朝の青花と南海交易
  • 中国の双龍とベトナムの鳳凰

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベトナムの皇帝陶磁 : 陳朝の五彩と青花
著作者等 関 千里
書名ヨミ ベトナム ノ コウテイ トウジ : チャンチョウ ノ ゴサイ ト セイカ
書名別名 Emperors'ceramics in Vietnam
出版元 めこん
刊行年月 2008.8
ページ数 432p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8396-0215-4
NCID BA87533140
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21555675
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想