イネの歴史

佐藤洋一郎 著

コシヒカリ、あきたこまち、ひとめぼれ、…われわれの生活に欠かせないコメ。その栽培はいつどこではじまり、どのように広まったのか?品種改良はいかにして進んだのか?日本から中国、インドまで各地を調査し、原生野生種の遺伝子を栽培種とくらべるとともに、農耕遺跡を訪ねて過去のイネの特徴を調べる。分子遺伝学と考古学、フィールドワークと実験室のコラボレーションが数々の謎に挑戦する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 農業以前の稲
  • 第2章 ジャポニカの誕生とその旅
  • 第3章 インディカのおこりと伝播
  • 第4章 イネ、日本列島に渡る
  • 第5章 南アジアのイネ
  • 第6章 イネ、米国、豪州へ渡る
  • 第7章 未来へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イネの歴史
著作者等 佐藤 洋一郎
書名ヨミ イネ ノ レキシ
シリーズ名 学術選書 38
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2008.10
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-87698-838-9
NCID BA87530517
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21503671
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想