アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか?

スーザン・ジョージ 著 ; 森田成也, 大屋定晴, 中村好孝 訳

かつての世界の憧れの国は、根底から変わってしまった。アメリカン・デモクラシーは姿を消し、人口の13%が飢え、16%が医療保険に入れず病院に行けない超格差社会となり、教育の場では宗教が科学と入れ替わろうとしている。これは、"彼ら"が「四つのM」(マネー、メディア、マーケティング、マネジメント)を駆使し、財団、シンクタンク、ロビー活動、政党、弁護士、活動家組織を通して、じっくりと戦略的にアメリカを乗っ取る「長征」を行なってきた結果である。本書は、米国社会と権力にメスを入れ、"彼ら"の戦略と戦術を詳細に分析した、欧米で話題の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 つくり変えられた常識-いかに右翼は文化的ヘゲモニーを握ったのか?(新自由主義の「教義」
  • 「今ではみなサッチャー主義者」-ピーターの友人たち ほか)
  • 第2章 外交政策とネオコン(アメリカと外交政策
  • 中東に魅惑されるネオコン ほか)
  • 第3章 キリスト教右派による「長征」(アメリカ政治と宗教
  • 宗教勢力の歴史と現在 ほか)
  • 第4章 風前の"啓蒙の灯"-科学への攻撃(「愚鈍化」するアメリカ
  • 科学と宗教-相容れない二つの世界 ほか)
  • 第5章 ロビイストと権力-ビジネス界の圧力がつくり出す格差社会(ロビーとは何か?
  • 全米商工会議所と文化戦争-パウエルの処方箋 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカは、キリスト教原理主義・新保守主義に、いかに乗っ取られたのか?
著作者等 George, Susan
中村 好孝
大屋 定晴
森田 成也
ジョージ スーザン
書名ヨミ アメリカ ワ キリストキョウ ゲンリ シュギ シンホシュ シュギ ニ イカニ ノットラレタノカ
書名別名 Hijacking America:how the religious and secular right changed what Americans think
出版元 作品社
刊行年月 2008.10
ページ数 368p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-86182-218-6
NCID BA8751868X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21497868
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想