沖縄だれにも書かれたくなかった戦後史

佐野眞一 著

月刊「PLAYBOY」誌上に長期連載。沖縄の戦後六十余年を作ってきた群雄たちを活写して、戦後日本を逆照射する衝撃の大型ルポルタージュ。沖縄列島を一個の肉体と見立て、その肉体が戦後に演じ、あるいは演じさせられた悲劇と喜劇、まばゆい光と濃厚な影があやなす南島奇譚ともいうべきドキュメントである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 天皇・米軍・沖縄県警(「お約束」の島から「物語」の島へ
  • 歴史に翻弄された沖縄県警 ほか)
  • 2 沖縄アンダーグラウンド(花街・映画・沖縄空手
  • 沖縄ヤクザのルーツ「戦果アギヤー」 ほか)
  • 3 沖縄の怪人・猛女・パワーエリート(弾圧・拷問・右翼テロ
  • 第三の新聞・沖縄時報顛末記 ほか)
  • 4 踊る琉球、歌う沖縄(島唄復活と大阪ウチナンチュー
  • 沖縄ミュージックは日本に届くか ほか)
  • 5 今日の沖縄・明日の沖縄(少女暴行事件の傷跡
  • 美ら島の陰に)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 沖縄だれにも書かれたくなかった戦後史
著作者等 佐野 真一
佐野 眞一
書名ヨミ オキナワ ダレ ニモ カカレタクナカッタ センゴシ
出版元 集英社インターナショナル : 集英社
刊行年月 2008.9
ページ数 654p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7976-7185-8
NCID BA87514215
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21495022
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想