新幾何学思想史

近藤洋逸 著

ガウスやロバチェフスキー、リーマンらによって形成され、19世紀数学の一景観を築いた非ユークリッド幾何学。これら立役者たちの活躍の一方で、サッケーリやランベルトのように、非ユークリッド幾何学の入口に限りなく近づきながらもあえてその中に入ろうとしなかった数学者たちがいた。彼らを躊躇させたものは何だったのか?そしてロバチェフスキーやリーマンに推進力を与えたものとは?数学内の論理的・自律的な展開だけでなく、新しい学問をとりまく社会状況や精神的高揚をみごとに再現してみせた本書は、単なる「数学者列伝」以上の示唆を与えてくれるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ユークリッド幾何学と平行線公理
  • 第2章 先駆者サッケーリ
  • 第3章 先駆者ランベルト
  • 第4章 ガウス 非ユークリッド幾何学の樹立
  • 第5章 ロバチェフスキー
  • 第6章 ボヤイ父子
  • 第7章 リーマン幾何学成立の背景
  • 第8章 経験主義と公理論
  • 第9章 非ユークリッド幾何学と哲学者たち

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 新幾何学思想史
著作者等 近藤 洋逸
書名ヨミ シン キカガク シソウシ
シリーズ名 ちくま学芸文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.10
ページ数 338p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09163-5
NCID BA87507231
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21541000
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想