居住福祉研究  6 ~ 14

日本居住福祉学会編集委員会編集

この本の情報

書名 居住福祉研究
著作者等 日本居住福祉学会
日本居住福祉学会編集委員会
書名ヨミ キョジュウ フクシ ケンキュウ
巻冊次 6
7
8
10
14
出版元 東信堂
刊行年月 2008.5-
ページ数
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7989-0028-5
978-4-7989-0152-7
978-4-88713-918-3
978-4-88713-955-8
978-4-88713-841-4
NCID BA8749839X
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
10: 巻頭言 : 障害者の地域移行と居住福祉 渡部三郎
2009年度「居住福祉資源認定証」の贈呈にあたって 神野武美
2010年度「居住福祉資源認定証」の贈呈にあたって 神野武美
6: 巻頭言 : 居住福祉学の課題 一番ケ瀬康子
7: 巻頭言 : 住まいは福祉の基礎 袖井孝子
8: 巻頭言 : 住宅セーフティネットの構築をめざして 本間義人
「全国・さわうちまるごと児童養護施設」事業から見えてきた「生きる力」 伊藤順子
「居住福祉サミット」in西和賀につどう 金持伸子
「居住福祉資源」の本質とその歴史的考察 神野武美
「居住福祉資源認定証」の贈呈と受賞者のあいさつ
もう一つのソウル「探訪」 : 低所得層密集居住地の地域再生を訪ねて 金持伸子
わが国ホームレス政策の現実 高島一夫
ウトロ : 新しいまちづくりに向けて 斎藤正樹
シンポジウム報告 : 居住福祉産業の可能性 野老真理子
スウェーデンにおける精神障害者の地域居住と日本の課題 早川潤一
ユニバーサル・ヒューマン・ライツと「まちづくり」 : 国際福祉と平和学の視点から 桂良太郎
中国・南京大学に赴任して 新家増美
中山間地における「防災・復興資源」としての公民館・鎮守等 早川和男
事務局長就任の挨拶 全泓奎
住民と専門家の地域ネットワーク 蔵田力
円卓会議「高齢社会の居住問題と居住福祉の課題」 野口定久ほか
千里ニュータウンにおける分譲集合住宅の建替えについて 今西寛子
名古屋市南区の変容と子育てのまちづくり 伊藤順子
地域に住み続けるために : 生活支援や介護を必要とする高齢者の居住福祉を考える 市川禮子
大地震による原子力発電所の恐るべき災害と居住の安全性 川崎浩司
学会ニュース(2007.5-2008.4)
居住文化の発展に関する問題について 包宗華
居住福祉の拡充と地域経済循環構造の考察 霜田稔
居住福祉を実現する協働の場としての福祉施設 水谷光, 田坂さつき
居住者の細分化を助長し、居住の継続を拒む現代日本の「都市再生」 岡本祥浩
山陰支部発足にあたって 平井伸治
日本居住福祉学会10周年を迎えて 早川和夫
旧山古志村被災住民への住宅再建調査と災害復興 丹波史紀
時事評論 : 子どもの安全と居住福祉 水月昭道
時事評論 : 若手研究者と居住福祉研究 早川和男
桜ノ宮「龍王宮」 本岡拓哉
民間非営利組織による高齢者住宅事業 海老塚良吉
沖縄県「海浜条例」と入浜権運動 三輪大介, 室田武
現代日本における居住の貧困と政策転換への課題と取り組み 大本圭野
社会的に不利な地域の地域再生と居住支援の模索 : 韓国・ソウル市敦義洞103番地のチョッパン密集地域を中心として 全泓奎ほか
第9回日本居住福祉学会大会講演および研究発表 日高友郎, 水月昭道
第八回日中韓居住問題国際会議京都大会研究討論 日高友郎, 水月昭道
精神障がい者の居住問題 : 「社会的入院」と地域移行 財団法人正光会居住サポート研究グループ
能登半島地震後の「生活被害」の実態と構造 村田隆史
認知症高齢者の暮らしにおけるグループホームの有効性 水上晃
都市再生に翻弄される区分所有者の居住権 : 都市再生は都市崩壊へのプロローグ 南部孝幸
長生きマンション長生き団地 千代崎一夫
阪神・淡路大震災の経験からみた社会権と居住福祉国家論 村山正晃
高浜市の居住福祉 黒田睦子
高齢期のすまいと大規模再開発 : 六本木ヒルズに移り住んだ母のケースを通して 松平弘久
高齢者の「居住環境」と「住み替え」 倉田剛
麦の郷ときょうされん映画「ふるさとをください」 伊藤静美
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想