定本日本近代文学の起源

柄谷行人 著

明治二十年代文学における「近代」「文学」「作家」「自己」「表現」という近代文学の装置それ自体を再吟味した論考を全面改稿した決定版。文学が成立して思考の枠組みになる過程を精神史として描き、「起源」を考察しつつ「終焉」の地平までを視野に収めた古典的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 風景の発見
  • 第2章 内面の発見
  • 第3章 告白という制度
  • 第4章 病という意味
  • 第5章 児童の発見
  • 第6章 構成力について-二つの論争
  • 第7章 ジャンルの消滅

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 定本日本近代文学の起源
著作者等 柄谷 行人
書名ヨミ テイホン ニホン キンダイ ブンガク ノ キゲン
書名別名 Teihon nihon kindai bungaku no kigen
シリーズ名 岩波現代文庫 学術
出版元 岩波書店
刊行年月 2008.10
ページ数 352p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600202-2
NCID BA87487699
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21512209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想