生態系と群集をむすぶ

大串隆之, 近藤倫生, 仲岡雅裕 編

食う-食われる、資源をめぐる競争…生物群集のさまざまな相互作用は、物質やエネルギーの循環を介して、生態系を大きく変えていく。群集生態学の新たな挑戦。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 元素で読み解く食物連鎖
  • 第2章 生物群集が支える湖沼生態系の物質循環
  • 第3章 地上と土壌の相互作用-食物網、物質循環、物理的環境改変を結ぶ
  • 第4章 陸域と水域の生態系をつなぐ-流域動脈設の提唱
  • 第5章 群集-環境間のフィードバック-生物多様性と生態系機能のつながりを再考する
  • 第6章 ランドスケープフェノロジー-植物の季節性を介した生物間相互作用
  • 第7章 気候変動にともなう沿岸生態系の変化-生物群集から考える
  • 終章 生物群集と生態系をむすぶ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生態系と群集をむすぶ
著作者等 仲岡 雅裕
大串 隆之
近藤 倫生
書名ヨミ セイタイケイ ト グンシュウ オ ムスブ
書名別名 Seitaikei to gunshu o musubu
シリーズ名 シリーズ群集生態学 4
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2008.10
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-87698-346-9
NCID BA87484497
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21498476
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想