奇行と聖狂 : その秘められたる〈知の奥処〉

相川宏 著

愛される"ものぐるひ"、失踪を重ねる隠遁のカリスマ、所きらわず泣きじゃくる号泣の聖者-昔日の奇人たちの常軌を逸した生の軌跡が描き出す無形の思想。聖狂が密かに告知する知ならざる知。21世紀を生きるわれわれの自明性を"奇行と聖狂"から問い返す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 奇行のリテラシー(カルナヴァレスクな生へ-増賀奇行譚の"ものぐるひ"
  • 無形の自己へ-玄賓遁世譚の"ミスティフィケーション"
  • 二而相対から不二絶対へ-内記上人説話の"号泣")
  • 2 聖狂のミスタゴジー(寿狂-内なる"常世"と聖なる"ものぐるひ"
  • 法悦のパフォーマンス-日本中世のウーニオー・ミスティカ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 奇行と聖狂 : その秘められたる〈知の奥処〉
著作者等 相川 宏
書名ヨミ キコウ ト セイキョウ : ソノ ヒメラレタル チ ノ オクカ
書名別名 Kiko to seikyo
出版元 おうふう
刊行年月 2008.9
ページ数 212p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-273-03504-4
NCID BA87480907
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21498862
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想