古代の日本

直木孝次郎 著

日本の古代国家は、いつどのように誕生したのか。激動する東アジア世界と倭国、飛鳥の都から平安京に至る都城の変遷などを通して、その形成過程を探る。歴史研究に携わり70年、著者が描いてきた古代史の全貌を示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 古代の王権
  • 1 古代国家と都の変遷(国家の発生
  • 古代国家の成立
  • 飛鳥京から平安京へ-都城の興亡)
  • 2 飛鳥・藤原の都とその時代(飛鳥時代の魅力
  • 東アジアの中の日本
  • 大化改新
  • 天武・持統の世)
  • 3 大和朝廷と地域社会(吉備氏と古代国家
  • 出雲の勢力圏と畿内政権)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代の日本
著作者等 直木 孝次郎
書名ヨミ コダイ ノ ニホン
シリーズ名 直木孝次郎古代を語る / 直木孝次郎 著 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2008.10
ページ数 288p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-07882-5
NCID BA87450101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21498461
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想