宮崎駿の〈世界〉

切通理作 著

地下に潜ったかと思ったら、今度はとてつもなく高い場所に上っていく…この世界は横にだけではなく、縦にも広く見渡せるのだ。「本当の表現とはひとつしかない、それを探している」という宮崎駿。その探求の軌跡をてっぺんから根っこまで見つめ直す旅に出る。第24回サントリー学芸賞受賞作を大幅に改稿し、「崖の上のポニョ」までの新作について書き下ろした増補決定版。巻末に養老孟司氏との対談を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 スタジオジブリ作品を振り返る(風の谷のナウシカ
  • 天空の城ラピュタ ほか)
  • 第2章 少年と泥棒と探偵と-初期作品をたどる(未来少年コナン
  • ルパン三世カリオストロの城 ほか)
  • 第3章 宮崎駿の誕生-漫画映画の伝統から「日常生活の冒険」まで(東映動画で頭角を-『ガリバーの宇宙旅行』
  • 労働現場の連帯から産まれた『太陽の王子ホルスの大冒険』 ほか)
  • 第4章 「心を白紙にしてくれる映画」-宮崎駿論(こんなこと、やっていいの?
  • 本人のパワーと切り離せない ほか)
  • 第5章 フレームを超えた表現を-『千と千尋の神隠し』(少女の恐怖体験
  • 宮崎版『不思議の国のアリス』 ほか)
  • 第6章 すべては動いている-『ハウルの動く城』(三鷹の森ジブリ美術館
  • アニメで「変わっていく」ということ ほか)
  • 第7章 はじまりの方へ-『崖の上のポニョ』(世界は水をたたえている
  • 「生まれてきてよかった。」 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮崎駿の〈世界〉
著作者等 切通 理作
書名ヨミ ミヤザキ ハヤオ ノ セカイ
書名別名 Miyazaki hayao no sekai
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.10
版表示 増補決定版.
ページ数 619p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42488-4
NCID BA87447049
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540987
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想