後期高齢者医療制度 : 高齢者からはじまる社会保障の崩壊

伊藤周平 著

二〇〇八年四月からはじまった後期高齢者医療制度。スタートから大きな混乱をもたらしたが、何よりも批判の的となっているのがその内容だ。保険料負担は増える一方、弱者切り捨ての医療の制限が行われつつある。そしてこの制度は現役世代にも決して無関係ではない。世界でも類を見ない制度の本質を明らかにし、医療・社会保障制度の課題を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 悲鳴続出!後期高齢者医療制度
  • 第1章 高齢者医療制度の仕組み
  • 第2章 高齢者医療制度はなぜ導入されたのか
  • 第3章 後期高齢者医療制度のここが問題1-増える負担
  • 第4章 後期高齢者医療制度のここが問題2-制限される医療
  • 第5章 支援金負担とメタボ健診-高齢者だけの問題ではない
  • 第6章 後期高齢者医療制度と社会保障のゆくえ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 後期高齢者医療制度 : 高齢者からはじまる社会保障の崩壊
著作者等 伊藤 周平
書名ヨミ コウキ コウレイシャ イリョウ セイド : コウレイシャ カラ ハジマル シャカイ ホショウ ノ ホウカイ
シリーズ名 平凡社新書
出版元 平凡社
刊行年月 2008.10
ページ数 254p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85437-4
NCID BA87446964
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21527030
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想