サヨナラ、学校化社会

上野千鶴子 著

93年、東大に移ってきた上野先生は驚いた。なんて素直な、課題を効率よくこなす学生なんだ、と。そして怒り心頭に発した。レポートがどれも講義の要約だったからだ。…「国民」を育てる近代装置である学校。変革の時代にこのシステムの弊害は大きい。知識よりも知恵があり、どんな状況にもサバイバルできる能力を備えた人間を育てるにはどうしたらいいのか。実践的マニフェスト。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 東大生、この空洞のエリートたち
  • 2 学校に侵食される社会
  • 3 少女・母・OLたちの学校トラウマ
  • 4 学校は授業で勝負せよ
  • 5 授業で生存戦略、教えます
  • 6 上野千鶴子の楽屋裏
  • 7 ポストモダンの生き方探し

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サヨナラ、学校化社会
著作者等 上野 千鶴子
書名ヨミ サヨナラ ガッコウカ シャカイ
書名別名 Sayonara gakkoka shakai
シリーズ名 ちくま文庫
出版元 筑摩書房
刊行年月 2008.10
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-42460-0
NCID BA87444164
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21540989
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想