古代ギリシア人と死

ロバート・ガーランド 著 ; 高木正朗, 永都軍三, 田中誠 訳

古代のギリシア人は、死後の世界をどうイメージし、自らの死にどう対処したのか?また、葬儀、埋葬、墓碑の建立、墓参はどう行ない、それを放棄したらどう処罰されたのか?都市国家は、葬儀を口実とする市民の浪費や家名誇示、豪華な墓の建立をどう制限したのか?著者は本書で、人間の心性に関わるこの微妙かつ普遍的問いに対して、古典学・考古学の文献と知識を動員し、古代人の行動を見事に復元する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 死者たちの力と地位
  • 第2章 死に臨んだ者たち
  • 第3章 葬儀
  • 第4章 生と死のあいだ
  • 第5章 ハデスの国
  • 第6章 特別な死者たち
  • 第7章 墓参
  • 結論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代ギリシア人と死
著作者等 Garland, Robert
永都 軍三
田中 誠
高木 正朗
ガーランド ロバート
書名ヨミ コダイ ギリシアジン ト シ
書名別名 The Greek way of death

Kodai girishiajin to shi
出版元 晃洋書房
刊行年月 2008.10
ページ数 221, 33p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7710-1998-0
NCID BA87442012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21542212
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想