キムはなぜ裁かれたのか : 朝鮮人BC級戦犯の軌跡

内海愛子 著

連合国によるBC級戦犯裁判では、朝鮮人148人が有罪となり、23人が死刑になっている。なぜ多くの朝鮮人が戦犯になったのか。戦時中、日本軍は捕虜の扱いを決めたジュネーブ条約を無視し、連合軍捕虜の4人に1人が死亡した。その捕虜監視を朝鮮人に当たらせていた。裁判では、命令に従うしかなかったにせよ、個人の責任が厳しく追及されたのだった。戦後、「日本人」としてスガモプリズンにつながれ、釈放後は「外国人」として補償や援護の対策からはずされ、「対日協力者」として祖国にも帰れなかった朝鮮人戦犯たち。彼らを30年間追ってきた筆者は、裁判記録と本人証言をつきあわせ、現場を歩き、被害と加害が錯綜する歴史の真相を明らかにする。彼らはなぜ、何を、裁かれたのか。植民地支配、捕虜政策、戦争裁判、戦争責任を検証し、彼らの人生をたどりながら、「戦争」と「戦後」を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 帰れなかった故郷
  • 第2章 強制か志願か
  • 第3章 日本軍と捕虜
  • 第4章 ジャワ極楽、地獄のハルク
  • 第5章 「なぜ戦犯に?」
  • 第6章 死刑の恐怖
  • 第7章 日本へ、スガモプリズンへ
  • 第8章 戦争責任・戦後責任

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 キムはなぜ裁かれたのか : 朝鮮人BC級戦犯の軌跡
著作者等 内海 愛子
書名ヨミ キム ワ ナゼ サバカレタノカ : チョウセンジン BCキュウ センパン ノ キセキ
シリーズ名 朝日選書 848
出版元 朝日新聞
刊行年月 2008.10
ページ数 382p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-02-259948-3
NCID BA87430862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21502056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想