来るべき精神分析のプログラム

十川幸司 著

「私」とはなにか。それはいかに作動し、「経験」を作り出し、自己を変容させるのか。「システム」をキーワードに、二一世紀における新たな精神分析の構築を試みる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 基本構想(主体の精神分析から自己の精神分析へ
  • セクシュアリティの二重性
  • 心的システムと社会システム)
  • 第2部 臨床的エラボレーション(自己の歴史性と心的作動の二重性
  • 治療的コミュニケーションと現実の複数性
  • 観察システムとしての分析家
  • 新たなる境界の形成)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 来るべき精神分析のプログラム
著作者等 十川 幸司
書名ヨミ キタルベキ セイシン ブンセキ ノ プログラム
シリーズ名 講談社選書メチエ 423
出版元 講談社
刊行年月 2008.10
ページ数 240p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258423-4
NCID BA87427733
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21499662
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想